公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

テーマ企業インタビュー:有限会社大成塗装電機製作所

2020年度東京ビジネスデザインアワード

「東京ビジネスデザインアワード」は、東京都内のものづくり中小企業と優れた課題解決力・提案力を併せ持つデザイナーとが協働することを目的とした、企業参加型のデザイン・事業提案コンペティションです。企業の持つ「技術」や「素材」をテーマとして発表、そのテーマに対する企画から販売までの事業全体のデザイン提案を募ります。

2020年度は、テーマ9件の発表をおこない、113(火・祝)までデザイン提案を募集中です。本年度テーマに選ばれた9社へのインタビューをおこない、技術についてや本アワードに期待することなどをお聞きしました。


お話:有限会社大成塗装電機製作所 専務取締役 斗光裕一氏

1963年創業の大成塗装はすべて手作業で仕上げる特殊塗装や金属焼付塗装など、豊かな表情をもった高度な塗装技術で注目される企業。熟練した職人の技とアイデア、2代目のひらめきと行動力との連携による、高度な塗装技術で建築分野など幅広い分野での塗装に携わる。現在会社を切り盛りする専務取締役の斗光裕一氏に話を聞いた。

まだみぬ塗装の価値を生み出したい

ーーまずは御社の特殊塗装技術のひとつである木目特殊塗装技術が生まれた背景について教えてください。

私の父でもある現社長がチャレンジ精神旺盛な性格で、日ごろ使っている塗料と道具を応用してなにかできないかという試行錯誤のなかで生まれたもので、刷毛、スポンジなど身近な道具を用いた特殊塗装になります。これを開発したことでその後の仕事の幅も広がっていきました。

ーー特殊塗装とはどのような概念のものになりますか?

当社では一般的な塗装とは違うものという意味で特殊塗装といっています。一般的な塗装とは単色塗装というものなのですが、当社で行っている特殊塗装は木目のような意匠をもった「木目塗装」と、塗装により錆のような劣化したような風合いを出す「錆風塗装」、石のようなテクスチャーをもった「石目調塗装」といったものです。機能的にはそのままで意匠的に特徴のあるものを特殊塗装と言っています。使う塗料や道具もそれぞれに添加剤を加える程度で、弊社ではほかの塗装と同じものを応用して職人の技だけでつくっています。


ーー御社が特殊塗装に着目した経緯を教えてください。

もともと20年ほど前にこの会社を立ち上げた父が始めました。開発というほどの大げさなものではないのですが、刷毛で塗装をしていたところ、それが木目に見えたというのが始まりでした。偶然の産物のようなかたちで生まれたものでしたが、当社ならではの技術ということで2003年に特許を取得しました。

ーーこれまでどのような製品に塗装を手がけてきましたか?

当社は照明器具の塗装と塗装後の組み立てをする会社として創業しましたが、現在では建築や土木などの金物の塗装を中心に行っています。物としては屋外に使われるフェンスや、建築の内装物の金物、マンションのルーバー材、ワゴンやショーケースなどの店舗の什器やディスプレイ関係が多いです。それと看板、工業製品の装置関係の外装塗装など建築金物から工業系までジャンル問わず幅広く行っています。それと素材に合う塗料の選定や塗装全般のご提案も含めやらせていただいています。


ーーどのような素材に塗装をすることができますか?

鉄、アルミ、ステンレスなどの金属になります。

ーー珍しいものではどのようなものがありますか?

材質が珍しいものはあまりないかもしれませんが、扱う塗料に関してはお客様のニーズに柔軟に対応しています。たとえばステンレス材への塗装にフレーク成分が入った塗料を使ったり、特殊な塗料にも対応しています。色に関しても調色を極めた職人がご希望の色を一点から仕上げることができます。

ーー今回のアワードでもデザイナーから塗装する素材や塗料に関して相談があると思うのですが、そのような声にも柔軟に応えていただけるのでしょうか?

はい、もちろんです。いま積極的に取り組んでいるのは粉体塗装です。通常の塗装では液体の塗料を素材に吹きつけて色をつけていくのですが、粉体塗装では塗装面に特殊な粉をつけて、それを高温で焼いて溶かして液体化させ塗装を仕上げるというものです。


ーー粉体塗装のメリットとはどのようなものですか?

粉末の塗料を静電気で素材にまとわり付かせて焼くものなので、仕上げに塗りムラが少ないというメリットがあります。たとえば箱の内側など見えにくい部分や本来は塗ることができない部分にもきれいに塗ることができます。

ーー複雑な形状をした製品にもきれいに塗り上げることができるんですね。

そうです。現状粉体塗装ができる塗装屋さんは少ない上に、弊社では粉体塗装で木目調の塗装など特殊塗装ができるのではないかと考えています。コストも抑えることができしかも短時間でできます。粉体塗装によって見たこともない風合いや特殊なテクスチャーといった、ほかにはない付加価値をつくっていけるのではないかと思っています。

ーーチャレンジし続けるモチベーションはどのように生まれてくるのですか?

いままでないもの、不可能と思われていたことを可能にする取り組みを積極的に目指していきたいという思いからでしょうか。それと個人的には家業に入る前にいくつかの仕事を経験してきたのですが、それまで思うような結果を残してこれなかった無念ともいえる思いがありました。ですがこの仕事をするなかで少しずつ結果を出すことができるようになり、さらに自分を高めるためにも、より革新的なことをしていきたいと思うようになりました。


特殊塗装でものづくりの可能性をひろげたい

ーー今回実演していただいた木目調塗装はどのようなところに施されることが多いのでしょうか。

建築物が中心で、目隠しのルーバー材に施すことが多いです。

ーー雨風にさらされたり、耐久性の問題で木材を使いにくい場所に施されることが多いのですね。

そうですね。具体的にはマンションのルーバー材、駅のホームの柱など、強度的に木ではできないところに施します。あと景観的に地域の条例により木目調と決められている場所がある際に使っていただくこともあります。


ーー御社の特殊塗装は木目にしても錆調にしてもリアルな仕上がりですので、これを塗装と聞いて驚かれる方も多いのではないですか?

このようなリアルなテクスチャーをもった塗装はこれまではなかったものですので、これが塗装だということを知って驚かれる方はいらっしゃいますね。

ーー塗装はどんな面に施すことが可能ですか?

基本的にはフラット面に限定されます。木目ですと多いのは角パイプ系のものやパネル系といった形状になります。なかには箱物や丸パイプにも実績があります。塗面が複雑な形状をしたものですと難しいとは思うのですが、できるできないに関してはお客様の求めるクオリティと相談しながら対応させていただいています。


ーーものづくりにおいて大切にしているのはどのようなことですか?

当社は規模も小さな会社ですので特殊なマシンを用いて塗装をするわけではなく、すべて職人が手作業でひとつひとつ塗って仕上げています。その技術の良し悪しで品質が決まってきます。自信を持っているのは職人の確かな感覚と手作業のクオリティの高さです。

ーーこれまでも建築家やデベロッパーの方とお仕事をされてきていると思うのですが、ビジネスデザインアワードにおいてデザイナーからいろいろな要望があると想像します。今回もあたらしいチャレンジには前向きですか?

はい。今回、われわれには考えもつかなかったことにチャレンジできる貴重な機会だと思い応募した経緯があります。初めてのことに探究心をもってチャレンジすることで当社のスキルが上がると信じています。なによりデザイナーさんと組むことで、さらに塗装の可能性を広げたいということが一番の応募理由です。


自らの手でものを生み出すよろこび

ーー裕一さんの代でそのように思い、実行に移すようになった問題意識はありましたか?

塗装って私たちの生活を見回しても身の回りには欠かさないもので、たとえば携帯電話やテレビなどさまざまなところに施されています。そのような身近な技術でありながら、いただいた仕様書通りに仕上げることだけが私たちの仕事でした。

これは私個人の思いなのですが、職人たちにいま以上に充実感をもって仕事をしてもらうためには、もっと違うやり方があるのではないか?ものづくりを通してさらに喜びを味わいたい、そのためにもものを生み出すところから携わって仕事をしたいと思うようになりました。

ーー塗装という技を使ってデザイナーとコラボレーションをすることもそのひとつですね。

はい。塗装業界でそのようなことをしているところはまだまだ少ないと思います。とにかく塗装の技を生かして、誰もやったことがないことにチャレンジしていきたいです。

ーーそれは社長から引き継いだものづくりの感覚でしょうか。

そうですね。父は当社のものづくりの部分をしっかりと支える根っからの職人です。私としては塗装を通じたあたらしいものづくりと価値づくりにつながる部分での「ネットワークづくり」や世の中とのつながりといった部分、情報収集などを先頭に立って行っていて、それをしっかりと事業に結びつけたいと取り組んでいるところです。


ーー機械では対応が難しい細やかな職人の高度な塗装技術だからこそできることには、多様化した現代のニーズに応える製品を生み出す可能性が無限にありそうですね。

そうだったら嬉しいです。設備自体は昔ながらのものですが、最新の機械ではできないことを熟練した職人の技によってカバーすることは可能だと思っています。

機械化することには大量生産が可能になるメリットがある反面、お客様からの少量のオーダーにはお応えできなくなってしまうというデメリットがあります。手作業ならではのこまわりが効くところや柔軟性は十分にあると思っています。人間の勘に支えられている昔ながらのアナログな部分も、いまこそものをつくる上での利点になるのではないでしょうか。もちろん機械化を進めて弊社の強みでもあると特殊塗装を量産する方向もあるとは思うのですが、小ロットでもほかではやらないことをやっていきたいです。

ーーどんなデザイナーと出会ってみたいですか?

これは弊社の求人に関しても同様なのですが、小さな会社ですので、一緒になって悩みながらものづくりをしていただける方が合うのかなと思っています。

つねづね私が考えているのは塗装の可能性を広げたいということです。そういった意味でもこれまで私たちが想像もしなかったようなことを一緒に考えていただける方と出会えるきっかけにしたいという思いとともに、会社自体の成長のきっかけにできればと思っています。

私が一番嫌いなのは「塗装屋だから」という言葉です。いまの時代、塗装屋だからとできることを限定してしまうのはつまらないことです。塗装屋ならではの技術を生かしてすごいことをするのが私の目標です。ですが私自身たくさんの情報をインプットすることで逆にブレてしまうことも時にはあると感じています。デザイナーさんには情報を整理していただいたりその部分でもサポートしていただけたら嬉しいです。

ーーそういった意味では今回のビジネスデザインアワードでは、御社の塗装の技術を使った物のあたらしい形だけではなく、裕一さんが日ごろ考えていることを編集してアウトプットし、あたらしいビジネスモデルを創出するビジネスパートナーとの出会いにも期待したいですね。

はい。一緒に考えて悩んでいただける方と出会いたいです。これまでガッツだけで異業種の企業にも飛び込みで営業をしてきた経験がありますので、情報収集力と営業は任せてください!

有限会社大成塗装電機製作所(瑞穂町) http://www.taisei-toko.com

テーマ:多様な風合いを表現する高度な「特殊塗装技術」

1963年、照明器具の塗装と塗装後の組立てをメインとして三鷹市にて創業。1987年に現在の瑞穂町に移転し、現在に至るまで金属の焼付塗装がメインに。主な塗装品は、景観エクステリア製品、建築金物、什器、サイン、工業製品等多岐にわたる。年齢層は50代、60代の職人が多く、営業等新しい取り組みを行うのが30代。熟練した職人のノウハウと若手の新しい発想力を融合させ、技術の追求と新規分野への参入に力を入れている。塗装業のマイナスのイメージを払拭させ、若手人材から注目されるような企業を目指している。

インタビューと写真:加藤孝司


2020年度東京ビジネスデザインアワード

デザイン提案募集期間 113(火・祝)まで 

応募資格 国内在住のデザイナー、プロデューサー、プランナーなど 

応募費用 無料 

詳細は公式ウェブサイトをご覧ください

https://www.tokyo-design.ne.jp/designer/  

BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020