公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

木の美展 KINOBI - TEN 多摩美術大学環境デザイン学科3年インテリア専攻

GOOD DESIGN Marunouchiは、11月28日(日)より12月7日(火)まで、「木の美展 KINOBI - TEN」多摩美術大学環境デザイン学科3年インテリア専攻学生によるダイニングチェア展示 を開催します。


木で椅子を作るということは、木と向き合うということ
たくさんの種が芽吹き、健やかに育った木々
わたしたちは木から美しさを見出し、椅子を作る
ものづくりをする私たちは木々への感謝を忘れず、デザインの可能性を探り続けなければならない

多摩美術大学環境デザイン学科の学生が、設計から実寸制作まで自分たちの手で作った30脚の椅子。
30人それぞれが見出した「木の美」をぜひご覧ください。

多摩美術大学環境デザイン学科3年インテリア専攻


椅子を考えること

椅子のデザインへの取り組みは、歴史上さまざまな試みが行われています。
その椅子が生まれた時代の感受性と技術が合致した、“名作”と呼ばれる椅子もたくさんあります。
「座る」という行為をサポートする道具としての一面で捉えれば、椅子は既に完成されているのかもしれません。
では、なぜ今も新しい椅子がつくられ続けているのか?
これは自身への問いかけでもありますが、そこにこそ、今、椅子をデザインする重要な意味があると思っています。

30脚の木の椅子は、今を生きる学生達が自らデザインして制作まで行ったものです。
この椅子群には、彼らが描く生活像や時代感覚が否応なく滲み出しています。
そうした同時代性こそが、先の問いのひとつの答えなのかもしれません。

2011年からケベック木材製品輸出振興会(QWEB)にご支援いただき、10年目になります。
長期に渡りご協力いただき感謝いたします。そして、制作をサポートいただいた工房の先生方にも御礼を申し上げます。

多摩美術大学 環境デザイン学科  非常勤講師 藤森泰司


#93 木の美展 KINOBI - TEN
多摩美術大学環境デザイン学科3年インテリア専攻

会期: 2021年11月28日(日) ― 12月7日(火)
時間:11:00-20:00 (11/30火は17:00まで)
会場: GOOD DESIGN Marunouchi
主催: 多摩美術大学環境デザイン学科
協賛:ケベック木材製品輸出振興会(QWEB)、カナダウッド
指導:藤森泰司、米谷ひろし

Instagram
https://www.instagram.com/tamabi_chair/
Twitter
https://www.twitter.com/tamabi_chair

BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020