公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

World Interiors Day デザインシンポジウムを開催

日本デザイン振興会及び日本インテリアデザイナー協会は、インテリアデザインの国際団体であるIFI(International Federation of Interior Architects / Designers)に加盟しています。IFIでは、例年5月の最終土曜日を「World Interiors Day」と定め、世界同時に「インテリアデザインについて考える日」としており、日本ではこの日を含んだ一週間を「ワールドインテリアウィーク」として、各地で様々なイベントを実施しています。

今年のWorld Interiors Dayとなった5月29日には、ウィークのメインイベントとして、オンライン・デザインシンポジウムを実施しました。IFIのWorld Interiors Day としての世界共通テーマ「Design as a Global Conversation」(グローバルな会話としてのデザイン)を、日本では、世界が同時にコロナ禍を経験した今、より幸福な暮らしのデザインとはなにか?を考えようという解釈のもと、「ウェルビーイングな暮らしを語ろう」をテーマにしました。インテリアデザインの最前線に関わる4つ異なる業種のパネリストの方々に、それぞれ現在の現場で起こっていることや、今考えていることなどを語っていただきました。

<パネリスト>
五十嵐 久枝  インテリアデザイナー/IGARASHI DESIGN STUDIO、武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科 教授
辛島 隆      株式会社オカムラ デザイン本部 プロダクトデザイン部 部長
杉本 貴一   住友林業株式会社 建築市場開発部 副部長
石川 直      三菱地所株式会社 コマーシャル不動産戦略企画部 R&D戦略ユニット ユニットリーダー

五十嵐さんからは、インテリアデザイナーとして手掛けている最近の仕事の紹介を通じて、インテリアデザインにもサステナブルな素材を活用していくことの重要性を、辛島さんからは、オフィス家具メーカーの立場から、リビングのオフィス化・オフィスのリビング化にどのように対応していくのかをお話しいただきました。
また杉本さんからは、過ごす時間の長い場所にこそ木材の温もりを取り入れることや、木材の経年変化による色の移ろいなども心と暮らしを豊かにしてくれることなどの可能性が示され、石川さんからは、デベロッパーとして、働く場所の変化に伴い、「オフィス街」からさらに踏み込んで、働くだけでなく人生を充実させる活動ができるような場所としての要素を取り入れた街づくりが提案されました。
後半は、日本インテリアデザイナー協会理事長の丹羽浩之さん、日本デザイン振興会常務理事の加藤公敬も加わり、
クロストークを行いました。なかなか普段は交流することが少ない異業種の方同士が互いの意見を聞き、語り合う機会となり、今後の協業の可能性なども話題となりました。

World Interiors Week in Japan について
https://wiwjapan.org/

World Interiors Dayについて(英語)
https://ifiworld.org/programs-events-ifi-world-interiors-day/


BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020