公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

雑誌『自遊人』掲載「日本におけるソーシャルデザインの軌跡」無料公開

2019年2月号の雑誌『自遊人』の特集は、「未来を変えるソーシャルデザイン」でした。

その中で「日本におけるソーシャルデザインの軌跡」と題した論考を当会の矢島が寄稿しましたが、この度『自遊人』のご厚意によって、全28ページをPDFにて公開することができました。

平成の30年の間に起きた様々なソーシャルデザイン関連の事象をまとめています。学校やセミナーなどの教材で自由にご活用いただければ幸いです。

なお、著作権は、自遊人に帰属していますので、内容の改変等はできません。

事実誤認などを含め、ご意見などがありました、こちらの問合せフォームでご連絡をいただきますようお願いいたします。


◎「日本におけるソーシャルデザインの軌跡」socialdesignp102-129.pdf


以下の項目によって構成されています。

*昭和の終焉とともに消えた消費者

*NPOとコモンとデザインの民主化

*地球環境問題からサステナブルデザインに

*クリエイターの意識変容

*地域通貨がもたらしたもの

*future social designを標榜した『広告』とアースデイマネー

*NPO代表が区長に選ばれる時代に

*デザイン活動家ナガオカケンメイとD&DEPARTMENT

*『生きのびるためのデザイン』や『カラーズ』がもたらしたもの

*ソーシャルクリエイティブ、エコロジーとエコノミーの共存

*セントラル・イースト・トーキョーによる都市軸の変動

*ap bankによる社会融資

*日本経団連CSRを提唱、ロハスからソーシャルへ

*クールビズによる既成概念の転変

*新しいまちづくりの手法「シブヤ大学」

*ソーシャルビジネスと「不都合な真実」とSNS

*ソーシャル/イノベーション/デザイン

*「Yes,we can」そして、鳩山内閣へ

*「ソーシャルデザイン」命名の経緯

*「Social Design」フォーラム開催

*「ソーシャルデザイン」の確立

*新政権による「新しい公共」

*『世界を変えるデザイン』の衝撃

*BOP、エシカル、ソーシャル男子

*GDP転落と東日本大震災

*コミュニティデザイナー山崎亮

*ソーシャルデザインの定義

*書店でのソーシャルデザインフェア

*地域を変えるデザイン

*政策となったソーシャルデザイン

*グッドデザイン賞のフォーカス・イシューとSDGs

*NPOがグッドデザイン大賞となる時代に


なお、雑誌本体はこちらでご購入も可能です(1,131円 税抜)


<追記>

公開情報に誤りがありましたので、以下を訂正しました。

2020.3.13

P117年表内
誤:2015-04 田中美帆・多摩美術大学統合デザイン学科「ソーシャル・デザイン論」開講
正:2015-04 上田壮一・多摩美術大学統合デザイン学科「ソーシャル・デザイン論」開講
  2015-04 田中美帆・多摩美術大学グラフィックデザイン学科「ソーシャル・デザイン論」開講

BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020