公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

㊙展プレイベント「田川欣哉スペシャルトーク」開催レポート

2019年11月22日より21_21 DESIGN SIGHTで開催する企画展「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」は、日本デザインコミッティーに所属する26名の現メンバーたちが、多くの人々の目に触れる完成品をつくり上げるまでの過程で生み出すスケッチや模型を紹介する展覧会です。開催に先駆けた9月17日、展覧会ディレクターの田川欣哉、会場構成を務める中原崇志、テキストを執筆する土田貴宏を迎えたスペシャルトークを行いました。


初めに、田川が自身の仕事を紹介した後、「㊙︎展」のコンセプトについて語りました。20代の頃、デザインエンジニア 山中俊治のアシスタントを務めながら「つくる人」を目指していた田川は、山中が書類の裏などに描くスケッチに刺激を受けたと言います。つくる人が舞台裏で行うアウトプットを間近に見る興奮が、ものづくりを加速する大事な経験であったと振り返りました。

続いて、中原と土田が登壇し、計画中の図面やCGを見せながら、会場の解説を行いました。中原は、田川の意図を踏まえながらも、自身が展示ひとつひとつをどのように読み解き、空間として表現したかを説明。土田は、専門領域、道具、デザイナーの個性によってさまざまな「原画」のあり方を一挙に見られることも、本展の大きな魅力であると語りました。

さらに、展覧会ディレクターの田川が「裏テーマ」とする、フィジカルとデジタルが結合する未来のデザインにも話は及びます。本展は、40代から90代までの「つくる人」によるスケッチが、デジタル化を前提とする世代のものづくりに出会うことで、その断絶をつなぐきっかけとなることも目指しています。

これまでには開幕前に公開されることのなかった、展覧会の企画段階がすみずみまで紹介される「㊙展」にふさわしいイベントとなりました。

BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020