公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

フォーラム 「多文化共生社会をデザインする:アジアの視点から」開催レポート

国際交流基金アジアセンター主催「ダイバーシティをはぐくむEYESプロジェクト」の一環として、日本を含むアジアで多文化共生に取り組む実践者によるフォーラムを開催いたしました。

第1部は、日本の事例や取り組みについて、また、2019年度プログラム「ダイバーシティをはぐくむEYESプロジェクト:多文化共生とアート」について報告を行い、第2部はアジアの多文化共生事例について、アジア各国から招へいしたEYESプロジェクトフェローより現場の声を聞きました。

当日は88名の参加があり、報告後の交流会では、登壇者と来場者の情報交換の機会となりました。


1部 公開ディスカッション「多文化共生をデザインする」

13時~13時5分:ご挨拶・趣旨説明(国際交流基金)

13時5分~13時25分:「日本における外国人受け入れの現状」/徳永智子氏(筑波大学助教)

13時25分~13時40分:「アートを通じた多文化共生取り組み事例紹介」/海老原周子氏(一般社団法人kuriya 代表理事)

13時40分~13時50分:「労働人材送り出し国フィリピンの現場」

13時50分~14時:「外国人受け入れ国日本の取り組み」

14時~14時15分:Q&A、ディスカッション


2部 公開セミナー「多文化共生:アジアの視点から」

14時30分~14時45分:フィリピンの事例

14時45分~15時:インドの事例

15時~15時15分:ミャンマーの事例

15時15分~15時30分:タイの事例

15時30分~15時45分: マレーシアの事例

15時45分~16時:インドネシアの事例

16時~16時30分:Q&A+トークセッション

16時30分~17時:交流会



BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020