公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

テーマ企業インタビュー:有限会社園部製作所

2019年度東京ビジネスデザインアワード

東京ビジネスデザインアワード」は、東京都内のものづくり中小企業と優れた課題解決力・提案力を併せ持つクリエイターとが協働することを目的とした、企業参加型のデザイン・事業提案コンペティションです。

企業の持つ「技術」や「素材」をテーマとして発表、そのテーマに対する企画から販売までの事業全体のデザイン提案を募ります。2019年度は、テーマ9件の発表をおこない、10月27日(日)までデザイン提案を募集中です。本年度テーマに選ばれた9社へのインタビューをおこない、技術についてや本アワードに期待することなどをお聞きしました。


お話:有限会社園部製作所 代表取締役社長 園部晋介氏

駅前商店街を抜けた先の、下町らしい住宅密集地の中にあるアットホームな雰囲気の金属加工会社。金属の精密切削加工を得意とし、業務用印刷機やアミューズメントパークの遊具などの産業機械向けの幅広い製品を手がけている。平均年齢30代という、若く技術をもった社員と熟練したベテランが切磋琢磨して働いている現場は活気に溢れている。1ミリの1000分の1の精度で加工をすることができるその精緻な技術はどのように培われてきたのか。代表の園部さんにそのものづくりの背景と、デザインとの取り組みへの期待感について語ってもらった。

顧客のニーズに応えるものづくりを極める

ーー今回のテーマを教えてください。

「金属を1ミクロンの精度で削り出す精密切削加工技術」というテーマでエントリーさせていただきました。弊社が納めている製品は産業機械の部品が多いのですが、その中でも厳密な精度を求められるような部品を自社で加工し製造しています。

ーー製品を拝見させていただき、ピカピカに磨かれた仕上がりがとても美しい何かの機械の部品のようなものが多いのですが、具体的にはどのようなものをつくっているのですか?

業務用印刷機の金属部品、アミューズメントパークの遊具などの厳密な精度を求められるような部品、ペットボトル製造のラインの部品などさまざまな産業機械向けの部品をつくっています。

ーー今回の応募動機を教えてください。

普段B to Bでお仕事をさせていただいているので、一般の消費者の方との接点がほとんどありません。今回の商品開発を通してB to Cにチャレンジしたいという思いがあります。製品を通じて弊社がもつ技術を知ってもらう機会であるとか、ものづくり全般への魅力を知ってもらう商品開発をしたいと思って応募させていただきました。

ーー御社の創業年を教えてください。

1955年に祖父が創業しました。最初は赤坂で金属加工業として創業し、数年後に現在の江東区大島に移ってきました。2年前に2代目となる父から事業を引き継ぎました。

ーー現在社員の方は何名ですか?

9名です。13年前に私が入社した当時は社長を含め4人の会社で、当時は平均年齢が60を超えるような高齢者のベテランだけしかいないような会社でした。8年ほど前から積極的に若いエンジニアを採用する活動をしていまして、現在の平均年齢は30前後まで下がっています。少しずつ従業員も増えてきて5年前に近くで第二工場の稼働も始まっています。

ーー製造業の現場では職人さんがなかなか集まらないといわれる中で、世代交代もうまく進んでいるんですね。

はい。同業者の若手経営者のコミュニティに参加しているのですが、人材の確保には皆さん苦労されていると聞きます。弊社は人に恵まれているとつくづく感じています。

ーー採用に関して工夫されていることはありますか?

技術職の場合、これまでは技の継承に関しても見て憶えるということが多かったのですが、時代も変わりましたし今の若い人たちにはそのやり方は通用しません。弊社では技術の習得にあたりプロセスシートを用意して、学んだことや身につけたことをシートに必ず残すようにしています。それを先輩の技術者にも見てもらうことで、組織として技術の継承をサポートするということを行っています。

ーー製品製造の設備はどのようなものがありますか?

弊社の設備は複合加工機が一台、NC旋盤が加工径や長さ違いで8台、マシニングセンターが3台です。パソコンでプログラミング制御をして加工をするという設備は、父が社長になった早い段階から導入してきました。どの業界でもそうですが、製造業においても技術革新が進んでおり、機械設備の進歩により以前はできなかったより精度の高い、複雑な形状の加工が可能になっています。いいものづくりには技術者の技術力の向上とともに、設備の技術の進化の両方が欠かせません。会長の言葉なのですが、「腕がいい職人がいてもそれを発揮できる機械がなければ意味がない。」と言っていて、定期的に新規の設備導入することを心がけています。

ーーたしかに工場には歴史を感じる設備とともに最先端の設備が豊富にあって驚きました。

金属加工業の中でも小ロットを得意としている会社になりますが、それでも時に1000個というオーダーをいただくことがあります。最近では短納期になってきていますので、そうなると一台では納期に間に合わせることができません。納期対応をするためにも余裕をもって台数を揃えています。第二工場には6台の機械に対し、4名のスタッフで対応しています。

ーーいつどのようなオーダーが来ても対応できるように、お客様のために最新の設備を整えているのですね。

そうです。弊社は自社で商品開発はしてきませんでしたので、お客様のご要望にお応えするために機械を増やしていったという経緯があります。

チャレンジすることを大切にしたものづくり

ーー得意としている技術を教えてください。

精密切削加工技術を得意としています。素材も鋼、ステンレス、アルミ、真鍮、砲金などさまざまなものに対応しています。また経験や知識も必要で加工が非常に難しいといわれている耐熱合金の加工ができるのも弊社の強みのひとつだと考えています。他社さんに頼んだけど出来なかったから手伝ってもらえないかという相談をいただくこともあり誇りに思っています。

ーー難題に向き合うことで技術が向上するということもありますよね。

はい。社員とともにある会社なのでもちろん売上をつくっていくことが大切なのですが、自社の加工レベルを上げるためにも新しいことは絶対にやっていかなければならないことだと思っています。もともと、会長がものづくりを好きな人で、技術勉強の為の苦労は買ってでもするというのが創業以来の方針で、チャレンジすることを大切にしています。

ーー工芸的で伝統的なものづくりの技術の継承が価値と言われることも多いですが、これからは新しいことにチャレンジしていくこともものづくり企業が発展していくために必要なことだと思います。先ほどのお話にもありましたがさまざまな素材の加工に対応できることも園部さんの強みですね。

世の中には無数の種類の金属があって、弊社でも様々な種類の素材に対応していますが、まだまだ削ったことのない素材がたくさんあります。どんな金属でも加工できるとは言いかねるのですが、幅広い材質の加工ができるように努力をしています。

ーー扱う素材の大きさはどのくらいのサイズ感のものを得意とされていますか?

大きなものにも対応できますが、手に持てる範囲の大きさのものを比較的得意としています。

ーー今回のビジネスデザインアワードで目指されるのはB to Cでの取り組みということですが、どのようなことをしてみたいですか?

私どももどんなことができるのかワクワクしています。先ほどB to Cとはいいましたが、B to BやB to Cであるということにはとらわれず、広い意味での金属加工を通してデザイナーさんと一緒に商品開発ができればと思っています。

ーー園部さんが考える金属という素材の面白さを教えてください。

材質によって強度や色、質感がさまざまで、私たちはそのような金属を加工する技術はもっているのですが、金属という素材がもつ魅力を引き出すアイデアを持っていません。弊社の技術とデザイナーさんのアイデアで、私たちが気付かなかったような使い方の提案をいただけたら嬉しいですし、そういった商品開発をしてみたいと感じています。

ーーデザイナーと取り組みをするにあたり準備していることなどはありますか?

弊社は社員が9名という小さな会社ですので、あらたに部署を立ち上げるということは難しいのですが、代表である私を通して現場でものづくりをさせていただくようになると思います。まだまだ未知数なのですが、これから勉強をさせていただきたいというスタンスです。

ーー社長と直にものづくりを並走できるのは一番いいと思います。

ありがとうございます。そういっていただけると安心します。

ーープロダクトデザインだけでなく、経営やビジネスモデルのデザインを含めた提案も予想されますが、この点ではどのようなことを期待されますか?

デザイナーさんとのマッチングということもそうですが、私たちには現状自社製品を開発しても、その販路がありません。展示会でのPRなど、それらを含めてご提案をいただけるとありがたいです。現在手がけさせていただいているものづくりもとてもやりがいがあるお仕事なのですが、目に見えるような完成品としてのものづくりができれば、若い社員のやりがいやモチベーションアップにもつながるのではと今回期待しているところではあります。

ーー現在会社として力を入れていることはありますか?

これは今に限ったことではありませんが、既存のお客様にいいものをつくり納めるということを創業以来続けている会社です。私の代から新しく始めたこととしては今年で4年目になるのですが、地元の高校生をインターンとして受け入れてきました。加工や営業活動の体験を通じてものづくりの魅力を経験してもらうことにも力を入れています。

ーーものづくりの現場を若い人にも体験して知ってもらうことで、東京のものづくりの現場全体が豊かになるのではないでしょうか。

それは私もそう思います。弊社は下町の住宅街の中にありますが、かつては鉄工所や木工所などの町工場がたくさんあったのですが、ひところに比べるとそのような中小企業が減っています。ですので日々の仕事を通じて若い人たちにものづくりの魅力を発信できればと思っています。

ーーデザイナーへのメッセージをお願いします。

創業以来半世紀、祖父の代から積み重ねてきた技術には自信があります。ですがその技術を活かすアイデアがないことが弊社の課題です。広い意味での金属加工、ものづくりを通して、デザイナーの方とお互いリスペクトしたものづくりをしたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

有限会社園部製作所(江東区)  https://sonobe-works.com

テーマ:1ミクロンの精度で削り出す「金属切削加工技術」

1966年創業の金属加工会社。様々な金属を1mmの1000分の1(1ミクロン)の精度で削りだす精密切削加工を強みとしている。長年会社を支えてきてくれたベテランエンジニアに加え、ここ5年ほど若手を積極的に採用。ベテランと若手がバランスよく在籍し、お互いに切磋琢磨しながら技術向上に努めている。かつては背中を見て、自ら覚える職人の世界が重んじられてきたが、プロセスシートを作成し記録と振り返りを習慣化するなどして、組織体制を強化。組織として技術の継承をサポートすることで社員のモチベーションにも繋がっている。

インタビューと写真:加藤孝司


2019年度東京ビジネスデザインアワード

デザイン提案募集期間 10月27日(日)まで 

応募資格 国内在住のデザイナー、プロデューサー、プランナーなど 

応募費用 無料 

詳細は公式ウェブサイトをご覧ください

https://www.tokyo-design.ne.jp/award.html


BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020