公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

『持続可能な地域のつくり方』出版記念セミナー 開催レポート

持続可能な地域のつくり方未来を育む「人と経済の生態系」のデザイン
出版記念セミナー
2019年7月8日(月)19:00~21:00

長期的かつ住民主体の地域づくりはどうすれば可能なのか?
持続可能な地域づくりを実現するための経済のあり方とは?
経済のプロフェッショナルである藤野英人氏をゲストに迎え、来場者の皆さんと共に持続可能な社会と未来を考えます。


タイムテーブル
キーノート
19:00 『 持続可能な地域のつくり方 』 著者  NPO issue+design代表 筧裕介

ゲストトーク
19:45 「 投資家が見る地方・地域のチャンス 」レオス・キャピタルワークス株式会社 
代表取締役社長・最高投資責任者 藤野英人

トークセッション
20:30 筧裕介 meets 藤野英人
〈 モデレーター 〉 公益財団法人日本デザイン振興会 矢島進二

チェックアウト
21:00


登壇者プロフィール
藤野 英人
レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役社長・最高投資責任者
1966 年富山県生まれ 。早稲田大学法学部卒 。国内・外資大手投資運用会社でファンドマネージャーを歴任後 、2003年レオス・キャピタルワークスを創業 。主に日本の成長企業に投資する株式投資信託「 ひふみ投信 」シリーズを運用 。投資教育にも注力しており 、明治大学商学部兼任講師 、J PXアカデミーフェローを長年務める 。一般社団法人投資信託協会理事 。主な著書に『 投資家が「 お金 」よりも大切にしていること 』(星海社新書) 、『 投資レジェンドが教える ヤバい会社 』(日経ビジネス人文庫) 、『さらば 、G G 資本主義 投資家が日本の未来を信じている理由 』(光文社新書) 。


筧 裕 介
特定非営利活動法人 イシュープラスデザイン 代表
1975 年生まれ 。一橋大学社会学部卒業 。東京大学大学院工学系研究科修了( 工学博士 ) 。2008 年ソーシャルデザインプロジェクトissue+designを設立 。以降 、社会課題解決のためのデザイン領域の研究 、実践に取り組む 。代表プロジェクトに 、東日本大震災のボラ
ンティアを支援する「できますゼッケン 」 、妊娠・出産・育児を支える「 親子健康手帳 」 、300 人の地域住民とともに未来を描く「 みんなでつくる総合計画 」 、認知症とともにより良く生きる未来をつくる「 認知症未来共創ハブ 」他 。日本計画行政学会 、学会奨励賞 、グッドデザイン賞 、D&AD( 英 )他受賞多数 。著書に『 ソーシャルデザイン実践
ガイド 』 、『 人口減少× デザイン 』 、『 地域を変えるデザイン 』など 。

矢島 進二(モデレーター)
公益財団法人日本デザイン振興会


サマリー
2019年7月8日。週明け月曜日の夜開催の出版記念セミナーにも関わらず、当初予定していた50名無料招待枠を超えて75名の応募をいただいた当セミナーは、最終的に60名の皆様にご参集いただき、書籍で表現された世界同様「あたたかな未来」を想起させる雰囲気で終始進行されました。


キーノートでは、著者の筧が社会にある様々な分断からなる課題(issue)を、SDGsの本質である全体性や連鎖、対話と協働を中心に講演させていただきました。講演を通じ、まちづくりや地方創生を再現可能な「サイエンス」にしたいという思いや、「日本人の教養(リベラルアーツ)」にしたいという思いを書籍出版の経緯から、内容の紹介まじえてお伝えしました。


ゲストトークでは、藤野様より、様々な業界の穴を見つけてビジネスを起こす具体的な思考のお話や、投資家の目線、地方創生に携わった実際の出会いや経験から、課題が多い世の中こそチャンスにあふれ、チャレンジすることこそが大事という含蓄あるメッセージをいただいた次第です。


トークセッションでは、モデレーターの矢島進二さんの絶妙な投げかけから「『希望最大化戦略』をとっている人たちと、『失望最小化戦略(いかに失望しないように生きるか)』をとっている人たち」がいる」と言った、新しいキーワードも飛び出し、参加者の多くがその話に大きくうなずき共感いただくなど、とても良い雰囲気の中で閉会いたしました。
またこうした機会を設けて、様々なステークホルダーと実際に対話をする機会を創出できたら素敵です。

(issue+design)


BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020