公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

「AIと共創するグラフィックデザイン」

東京ミッドタウン・デザインハブ第78回企画展

東京ミッドタウン・デザインハブでは、本日より第78回企画展を開催しています。

グラフィックデザインとAI(人工知能)との共創には、どのような可能性があるのか。日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)は、AIを含むさまざまなアルゴリズムに基づく表現を得意とするクリエイティブ集団Qosmoの協力を得て、近未来におけるグラフィックデザインの発展と可能性を探ることを目的に、機械学習を用いた実験を行ってきました。
この展覧会では、その途中経過を報告するとともに、幅広いAI研究の中からグラフィックデザインの分野に近い事例をピックアップしてご紹介します。
ある決められたルールでAIがイメージをつくっていく過程を記録したポスターやアルファベット書体、楽譜の学習による作曲、マンガを用いた物語生成、Google APIを利用した感情分析のビジュアライズなど、AIとの共創の可能性を探る作品を展示し、また、AIとデザインの関係について議論を深める場として、シンポジウムを開催します。


●企画概要
名称:東京ミッドタウン・デザインハブ第78回企画展「AIと共創するグラフィックデザイン」
会期:2019年3月15日(金)~3月29日(金)11:00–19:00
会期中無休・入場無料
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会
企画・技術協力:株式会社Qosmo
楽器協力:株式会社ヤマハミュージックジャパン
協力:朝日新聞社、アドビ システムズ株式会社、しりあがり寿、株式会社Too

●内容・構成
機械学習とアルゴリズミックな手法を用いた実証実験の過程を発表するとともに、幅広いAI研究の中からグラフィックデザインの分野に近い事例をピックアップしてパネル、モニターで展示します。また、AIとデザインの関係について議論を深める場として、シンポジウムを開催します。


●展示作品
JAGDAインターネット委員会と株式会社Qosmoの共同研究作品ほか、グラフィックデザインの分野に近いAI研究作品

===========
JAGDAインターネット委員会+Qosmo
決められたルールでアニメーションポスターやロゴタイプを生成
===========
Qosmo
楽譜の学習による作曲
===========
遠山昌宏
機械学習により判定された自然言語の感情を視覚化する試み
===========
迎山和司
マンガを用いた物語の生成

===========


●出品
株式会社Qosmo、迎山和司(公立はこだて未来大学教授)、遠山昌宏(多摩美術大学情報デザイン学科)(敬称略・五十音順)

●関連イベント
JAGDA「AIと共創するグラフィックデザイン」シンポジウム
日時:2019年3月17日(日)14:00-19:00(受付開始/13:30)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ

スケジュール(予定):
14:00-15:30  トーク1 ゲスト3名x各30分
15:45-16:45  トーク2 トークセッション
17:15-19:00  レセプション

ゲスト:岩本 祟氏(アドビ システムズ株式会社)、徳井直生氏(株式会社Qosmo)、迎山和司氏(公立はこだて未来大学教授)

進行:永原康史(JAGDAインターネット委員長/多摩美術大学教授)、田中良治(同副委員長/Semitransparent Design)

定員:100名(要申込/定員になり次第締切)

参加費:一般/1000円、学生/500円、JAGDA会員・フレンドメンバー/無料


BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020