公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

「JAPAN BRAND FESTIVAL - TALK SALOOOON Vol.06」開催レポート

さる9月27日、「JAPAN BRAND FESTIVAL - TALK SALOOOON Vol.06」が東京ミッドタウン・デザインハブにて開催されました。

 

ジャパンブランドの未来を担う全ての人に開かれたプラットフォームとなることを目指す活動「JAPAN BRAND FESTIVAL」。年度や事業の縦割りと地域や分野の垣根を越え、情報やノウハウを共有し継承する画期的な仕組みとして、政府機関や自治体からも注目されています。その活動の一つである「JAPAN BRAND FESTIVAL - TALK SALOOOON」。2016年から定期開催し今回6回目となるトークと交流を軸にした未来志向のサロンです。

 

今回のテーマは「グローバル人材の育て方」。

前半の登壇者は、建築家・美術家の佐野文彦氏。京都の中村外二工務店にて数寄屋大工として活動をスタートし、設計事務所などを経て、2011年 「佐野文彦studio PHENOMENON」を設立。

2016年 文化庁の文化交流使として、9か月間にわたり世界各地で「茶室」を作り、日本文化を発信してきました。この茶室は、現地の素材や技術で作り、現地流のもてなしをするというもの。16カ国を訪問し6カ国でプロジェクトが実現しました。文字通りグローバルで活躍する人材として、様々な活動を紹介いただきました。

 

後半には、「JAPAN BRAND PRODUCE SCHOOL」の取り組みについて、メイン講師である株式会社TCI研究所の西堀耕太郎氏、企画を担当するミテモ株式会社の代表取締役 澤田哲也氏、1期生を代表してPinkoi Japan株式会社David Wang氏に登壇いただきました。

「実践を通じて学び合う」というこの取り組み。グローバル市場へとJAPAN BRANDの価値を発信するプロデューサー人材を育成することを目指します。理論のベースとなるのは、京都の和傘屋「日吉屋」の職人でもある西堀氏が自身の経験をまとめあげた「伝統とは革新の連続」という経営理念です。グローバルニッチトップを狙うその考え方の背景を紹介いただきました。

 

続く、懇親会は多くの来場者で賑わい活発なコミュニケーションがなされました。

TALK SALOOOON Vol.07の詳細は未定ですが11月14日の開催を予定しています。

 

JAPAN BRAND FESTIVAL - TALK SALOOOON Vol.06

日 時:2018年9月27日(木)19:00〜22:00 (開場18:30)

会 場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京ミッドタウン・デザインハブ内)

参加費:1,000円(1Drink)

主 催:JAPAN BRAND FESTIVAL運営事務局

協 力:公益財団法人日本デザイン振興会

JAPAN BRAND FESTIVAL


BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020