公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

[report] 渡辺保史と「自分たち事」をめぐって

Desigining Ours 自分たち事のデザイン 出版記念イベント

去る2018年3月17日(土)、「Desigining Ours 自分たち事のデザイン」出版記念イベント「渡辺保史と『自分たち事』をめぐって」(主催:Desigining Ours出版世話人会)が、インターナショナル・デザイン・リエゾンセンターにて、開催された。


イベントの主題となる「Desigining Ours 自分たち事のデザイン」とは、2013年に急逝した故・渡辺保史氏の残した遺稿をデザイン研究者ら有志が書籍化したものである。

耳慣れない「自分たち事」というコンセプトは、自分事でもなく他人事でもなく、その中間において認識されたり、共有されたり、創造されたりする"モノ・コト"を指す。渡辺氏は、さまざまな社会の出来事を「自分たち事」として引き受け、自分たち自身も手で扱っていく姿勢をもち、すこしでも良い方向に向けていくことこそが自分たち事のデザインだと提言してこの世を去った。

情報デザインのパイオニアとして多くの実績を残した渡辺氏自身の過去のアクティビティを元に考察が紡がれた本書は、我々がいかに社会に向き合っていくべきかについて一つの指針を与えるものであり、これからのデザイン活動を考える上では間違いなく重要な本である。

昨秋から冬にかけて行われたクラウドファンディングによる制作資金調達を経て、この日、完成された書籍が披露された。限定600部のオンデマンド出版となる。会場には生前の渡辺氏と親交のあった方々を中心に、書籍のコンセプトに共鳴した若いデザイナー達など、約50人が集まった。


■世話人グループによるプロジェクト解説

発起人である上平崇仁から、どのようにこのプロジェクトがはじまったのか、立ち上げのきっかけやクラウドファンディングによる資金に関する報告が行われた。つづいて編集を担当した江口晋太朗から編集方針についての説明、デザインを担当した富田誠・真弓夫妻からブックデザインについての解説が行われた。

今回製本された書籍は特殊な印刷技術も取り入れられ、非常に美しく、品格のある仕上がりになっている。そのデザインコンセプトとして、「渡辺氏の活動である様々な人の知恵や物事をつなぎ合わせて、新しい意味や価値を創出するという過程を無数の星から星を選択し繋ぎ合わせる星座に見立てた」と、富田は語った。またタイトル上部には北極星を持つ「こぐま座」が配置され、変化する状況でも変わらない道標ともなる、という意味も隠されているという。


■「いま、渡辺さんと話してみたいこと」

メインプログラムとして、西村佳哲(リビングワールド)と加藤文俊(慶応義塾大学SFC教授)による対談が行われた。西村からは、能動態と受動態ではない、かつての文法に存在していた「中動態」の「する」「される」の関係ではない互いのかかわり方や、次へとつなげていくファシリテーションのあり方などが触れられた。西村の話を受け、加藤からは人のあり方、空間や時間軸の捉え方をいかに広げていくか、テクノロジーの発達によって我々が得ているもの、失っているものはなにかなどが議論された。人の根源的課題と、他者とのかかわり合いをもとに、「自分ごと」へとつなげていくために今考えていくべきことで大いに盛り上がった。


■新しいデザインの教科書づくり

つづいて、矢野英樹(多摩美大情報デザイン学科准教授)と中村寛(多摩美大/ 文化人類学者)による対談が行われた。「自分たち事」のコンセプトを展開して現在進められている活動として、新しいデザインの教科書づくりのプロジェクトの報告が行われた。デザインの教科書は従来は造形言語やメディアの違いによる目次立てとなることがほとんどだったが、ここでは文化人類学の視点が取り入れられ、人間の生活世界のさまざまな断面をデザインとして捉える14の章立てが語られた。斬新な構想に、来場者から大きな反響があった。


■「みんなでつくる渡辺保史ストーリー」

世話人グループの永井由美子のファシリテーションによって、渡辺氏の人生と仕事紹介を主軸にした参加型の年表制作が行われた。多くの参加者から思い出の写真や記事資料、映像等が寄せられ、渡辺氏のことを詳しく知らなかった若い参加者にも見応えのある情報量のあるものとなった。また永井の工夫によって、どの時期に渡辺氏と知り合ったかを共有することで、これまで接点の無かった参加者間にも会話が発生した。会場ではドリンク片手に会場のあちこちで談笑する様子が見られた。


最後に、司会の江口から本書の感想を一元化し、共有するためのブログを設置することが発表された。



「Designing Ours『自分たち事』のデザイン」出版記念  「渡辺保史」と「自分たち事」をめぐって

日時:2018年3月17日(土)18:00~21:00 

会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター (東京ミッドタウン5F・デザインハブ内)

主催:Designing Ours 出版世話人会

協力:公益財団法人日本デザイン振興会

BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020