公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

Design@Communitiesアワードのシンポジウムを開催

東京藝術大学、日本デザイン振興会、IIDj情報デザインアソシエイツが共同主宰するDesign@Communitiesは、コミュニティー=地域社会における実践の中から、新たなデザインの方法とモデルを発見することを通して、これからの社会をかたちづくっていくデザインの可能性をリサーチするプロジェクトです。
このプロジェクトの中核事業として実施された「Design@Communities Award 2017」の受賞者と審査関係者を招いたセミナーが、2月17日に東京で開催されました。大賞受賞者である奈良県の福祉事業協同組合「あたつく組合」の関係者からは、「あたつく組合」の事業に実際にデザインが関わることで見出された「気づき」や、今後の事業の方向性などが報告されました。さらに審査委員を務めた國定勇人氏(新潟県三条市長)、齋藤精一氏(株式会社ライゾマティクス代表取締役社長)から、地域社会で展開される実践とデザインの関係をテーマとする講演が行われました。
シンポジウムでは、報告に加えて、複数の地域活動の担い手によるプレゼンテーションが行われたほか、それぞれの実践者との対話の時間が豊富に設けられました。それにより参加者は、地域社会において個別のテーマと向き合い目標を達成していく実践のプロセスの中に、デザインの豊かな可能性があることを理解していました。

日時:2018年2月17日(土)

会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(六本木)

主催:Design@Communities コンソーシアム
(東京藝術大学 美術学部 デザイン科、公益財団法人日本デザイン振興会、IIDj 情報デザインアソシエイツ)

http://design-at-communities.jp


BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020