公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

深圳で2016年度グッドデザイン賞応募説明会
およびワークショップを開催

4月12日(火)に深圳市福田保税区内の、深圳インダストリアルデザイナー協会セミナールームにおいて、2016年度グッドデザイン賞の応募説明会およびグッドデザイン賞の審査基準や審査の プロセスを学ぶワークショップを実施しました。
応募説明会には約100名の中国の若手デザイナーが参加し、その後実施したワークショップでも約50名が参加して、熱心なディスカッションが行われました。
ワークショップでは、日本から持参した20点の文房具や食器などの日用品を対象に、まずは個人でそれぞれのものについて評価し、次にグループに分かれて、ディスカッションによってグループとしての結論を出し、グループリーダーがそれぞれ前に出て結果を発表。最終的に全員でベストオブベストがどれかを決める、というグッドデザイン賞の一部プロセスを体験していただきました。
参加者からは、「グッドデザイン賞の審査の仕方がわかって、とても参考になった。」「合議で決めることの難しさを知った。」など、多くの好評の声をいただきました。
今後も各国・各地で、このようなワークショップを実施していく予定です。

BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020
  • SANSUIGO