公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

東京デザイン会議「都市×情報×移動の未来を考える」
開催内容のお知らせ

日本デザイン振興会は、東京大学復興デザイン研究体と共催で、「都市×情報×移動の未来を考える」をテーマに、11月3日(月/祝)にカンファレンスを開催します。
東京で世界デザイン会議が1960年に開催され、未来社会に向けたデザインの可能性が議論された後、東京オリンピックでは日本人選手の活躍に加え,首都高速道路に代表される近未来的な東京の移動風景や代々木体育館といった都市デザインに世界中の注目が集まることとなりました。
そこから半世紀を超えた今、私たちは東日本大震災を経て地域の人口減少や高齢化といった様々な社会問題に直面しています。都市から社会へ、移動から情報へとデザインの射程が拡大を続けていく中、今デザインに何ができるのでしょうか。この会議では、都市、建築、情報、移動、様々な分野を融合した社会デザインの実現に向けた議論を大きく展開していきます。

プロローグ
 第一部 都市の未来 建築から都市へ -東京計画1960から考える-

かつて丹下健三が構想した東京計画1960から、豊かな地形と世界有数のモビリティネットワークを有する東京を取り巻く環境は大きく変容を遂げました。中国鄭州をはじめ世界の様々な都市の将来ビジョンを構想し、そのアーバンデザインを今なお牽引しつづける磯崎新氏を迎え、渋谷のアーバンデザインを構想する内藤廣と妹島和世が、都市デザインの現場から東京のアーバンデザインについて議論します。

磯崎 新(建築家)
内藤 廣(建築家)
妹島和世(建築家)
コーディネータ:羽藤英二(都市工学者)

第二部 情報の未来 東京デザインノート-東京から地域へ-

東京の暮らしと移動を、デザイナーたちはどのように切り取り、編集していくのか。2020年の東京デザインノートと題したこのセッションでは、情報が変えていく暮らしと移動に焦点を当てて、東京にとどまらない日本のデザインを考えます。

田川欣哉(デザイン・エンジニア)
原 研哉(デザイナー)
深澤直人(プロダクトデザイナー)
コーディネータ:中谷日出(NHK解説委員)

第三部 移動の未来 移動するまなざし -移動風景のリデザイン-

江戸の都市計画は、平川を中心に始まって、荒川・利根川水系河口部という地理的条件を背景に、舟運による物流ネットワークが、列島規模の海運網にも連絡することで世界有数の都市が発展していく契機となりました。本セッションでは、江戸から東京へと時代が変わる中、鉄道と道路という二つのモビリティがかたちづくってきた東京のアーバンデザインと、オリンピックを契機とした2020年以降の東京のモビリティとその都市像について議論します。

廣瀬隆正(財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 施設整備調整局長)
木暮 深(首都高速道路株式会社 執行役員)
中野恒明(株式会社アプル総合計画事務所)
羽藤英二
コーディネータ:中谷日出

エピローグ
東京に今何ができるか?

内藤 廣×深澤直人×羽藤英二
日 時:11月3日(月/祝)開場 13:00 開会13:30 終了17:00(予定)
会 場:東京大学工学部1号館 15 番講義室
主 催:公益財団法人日本デザイン振興会・東京大学復興デザイン研究体

参加申込

メールで件名を「11月3日フォーラム参加希望」として、
氏名/所属/連絡先アドレスを記入のうえ下記までお申し込みください。
seminar@bin.t.u-tokyo.ac.jp

東京大学のホームページ

<期間中の同時開催企画について>
東京デザイン会議 併催展示 「都市・情報・移動の未来を考える」開催概要

現在進行形で再構築が進む街、渋谷を一望できる空間で、磯崎 新、内藤 廣、羽藤英二の三氏が、それぞれの視点からこれからの都市の姿を提示します。

会 期:10月31日(金)- 11月3日(月/祝) 11:00 - 19:00
会 場:渋谷ヒカリエ11F スカイロビー イベントスクエア
企画協力:羽藤英二
会場構成・展示デザイン:浅子佳英(インテリアデザイナー)

BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!

  • GOOD DESIGN AWARD
  • GOOD DESIGN Marunouchi
  • GOOD DESIGN STORE
  • DESIGN HUB
  • 東京ビジネスデザインアワード
  • TOKYO DESIGN 2020