公益財団法人日本デザイン振興会 公益財団法人日本デザイン振興会

メッセージ

会長あいさつ 

内藤 廣 公益財団法人日本デザイン振興会 会長 

公益財団法人日本デザイン振興会(以下、JDP)からの要請を受けて、川上元美さんの後任の大役をお引き受けすることになりました。大事業であるグッドデザイン賞の選定は審査委員団を率いる審査委員長が差配しますし、母体であるJDPは着実にデザイン振興の活動領域を広げています。もはや七十年近くの伝統がある活動ですから、わたしの立ち位置はその後見役みたいな役割なのかもしれません。大過なくことが進めば、さしたる出番はないものと思っています。
もとより、プロダクトはそれを手に入れたいと思う人がいなければ成り立ちません。その姿形はデザインによって決められます。しかし、残念ながらわが国では、これまでデザインにまつわることは、さほど政策的に重視されてきたわけではありません。製品輸出で外貨を得るしかない国にもかかわらず、です。
おそらく、デザインに関しては、企業それぞれの知恵に託されてきたのでしょう。良いものは市場が評価して売れる。良くないものは市場から淘汰される。つまり、その善し悪しは市場が評価すれば良い、ということだったのだと思います。経済が順調な拡大傾向にある時代は、それでもよかったでしょう。しかし、気候変動、情報技術の革命的な進化、急激に高齢化し成熟期を迎えつつあるわたしたちの暮らし、激しく追い上げる新興国が国策として取り組んでいる、などを考えれば、わが国のデザインに対する姿勢がこのままでよいはずがありません。デザイン振興を目途とするJDPとグッドデザイン賞の社会的な役割は、より大きなものになっていくはずです。
今まで何気なく使ってきたデザインという言葉も、より戦略的かつ創造的なツールへと発展させる時期に来ています。デザインという言葉は、モノのデザインはもとより、近年ではモノの背後にあるシステムにまで、広汎な範囲で使われるようになってきています。いずれにせよ、どのようなものであれ、人を惹き付ける優れたデザインには「近未来の手触り」があると思っています。人はデザインを通して新しい暮らしを思い浮かべ、それを手に入れた自分を想像し、その未来に望みを託して自分のものにしようとするのです。だから、すべてのデザインは未来を向いています。それも夢物語のような遠い未来ではなくて、個人個人が手に入れられるすぐ近くの未来です。人は必要な機能を得るのと同時に、その「近未来の手触り」に希望を託して手に入れようとするのです。
携帯電話、液晶テレビ、パソコン、インターネット、ハイブリッド車など、時代を変革するような多くの機器や技術が生み出されてきました。それらの優れたものには、必ず「近未来の手触り」が備わっています。そこには無数の夢が詰まっていて、それにふさわしい「近未来の手触り」がデザインされています。
1957年に外貨獲得のための商品造りとして始まったグッドデザイン商品選定制度、以来、なにがGOODなのか、なにが優れたデザインなのか、審査という作業を通して毎年のように熱い議論が重ねられてきました。GOODの意味もデザインの意味も、技術革新や時代の空気とともに変わっていきます。しかし、どのような時代であれ、新たな「近未来の手触り」を見つけ出して評価し、広く社会に認知していただく、という本会活動の本質は変わらないはずです。
この活動を会長という立場で支えていきたいと思っています。

理事長あいさつ

深野 弘行 公益財団法人日本デザイン振興会 理事長

本日、1,560点の2022年度グッドデザイン賞受賞作を発表することができました。受賞された皆様に対し、主催者として心よりお祝いを申し上げます。たゆまぬご努力と周囲の皆様の支えによる受賞であり、関係された皆様全てにお喜び申し上げます。

今年度の応募件数は5,715点に達しました。記録的な応募数となった昨年度とほぼ同じ水準で、デザインへの社会の期待と、日々デザインに携わる皆様の熱い思いが変わらないことが示されました。

グッドデザイン賞は、社会を良い方向に導く力を持つデザインを発見し、社会に広げるとともに、新たなデザインの創出につなげていくことを目指しています。今年度のテーマ「交意と交響」の下、社会の課題や人々の切実な想いに寄り添う意思を持ち、人々に「あってよかった」との共感を呼び起こすデザインを数多く見出すことができたと感じています。
惜しくも受賞に至らなかった皆様に対しましても、デザインの価値を理解されて全力で取り組まれたことに対して、心より敬意を表したいと思います。

素晴らしいデザインを見出すことにご尽力をいただいた安次富審査委員長、齋藤副委員長、そして約90名の審査委員の皆様に対しても、この場をお借りし改めて御礼を申し上げる次第です。
これから受賞展の開催などを皮切りに、受賞デザインの価値を広く発信するとともに、11月1日にはグッドデザイン大賞の選出を控えています。ぜひ多くの皆様から引き続きご注目をいただきますようお願い申し上げます。

2022年10月7日

BACK TO TOP

NEWS LETTER

JDPより最新のデザインニュースをお届けします。
ご登録は無料です。お気軽にご利用ください!